24オプション「短期取引」の概要・攻略法

byyyd4 24オプションのサイトで取引を始めるには、まずユーザー名とパスワードの入力してログイン状態にします。今回は24オプションの最主力商品であり、また代名詞のようにもなっている「短期取引(60セカンズ)」について見ていきたいと思います。

実際の画面上では、バイナリーオプションの主流である「ハイ/ロー」のほか、「ワンタッチ」「境界」といった取引オプションが並んでいますが、「短期取引」は一番右にあります。この項目を選択したら、下に期限を選択する表示がありますが、ここではやはり短期取引ならではの「60秒」を選択することとします。少し長めの時間で取引してみたいという方は「2分」や「5分」も選べますし、これは実際には自分の好きな時間を選んで下さい。また、2014年2月の確認によると、60秒よりもさらに短期の「30秒」も加わっていることが判明しました。

取引期間が決まったら、その次は取引銘柄について選択します。実に多くの取引銘柄が揃っている24オプションでは、どんな銘柄にするか悩みどころかもしれませんが、今回は親しみのある方も多い「ユーロ/ドル」をチョイスすることにします。こちらも実際のご自身の取引では「米ドル/日本円」「ユーロ/日本円」など、とにかくお好きな銘柄を選んで頂いて結構です。

少し分かり辛いのは、少し上のほうに「TA-25」「DAX-30」などという銘柄が名を連ねていることです。これははつまり日経平均株価指数の海外版、といったものをイメージするとバイナリーオプション アマチュアでも理解できるのではないでしょうか。「TA-25」はデルアビブ25種指数でイスラエル証券取引所に上場している銘柄を意味しますし、「DAX-30」はドイツ株価指数のことです。これらのほとんどなじみのない銘柄も、後々のリスクヘッジを考える上ではトレード候補に入れておくべきです。馴染み深い銘柄での取引に慣れてきたらトレードしてみましょう。

短期取引の進め方としては、まず期間までに価格が上がると予想すれば「高」を選び、下がると読むなら「低」を選びます。そして購入金額決定後、「買」を押せばすぐに取引が始まります。要は、その「買」を押した瞬間から60秒後に高か、低か、を予測するだけですので、至って簡単です。

ただ、24オプションのようにチャートが小さいと、なかなか波が下がったタイミングで「高い」を狙うのは難しいものです。対策としては、他業者の評判の高いスマートオプションを利用する、またはMT4のボリジャーバンドの1分足でバンドに触れた後、その次の棒が反転するタイミングで買うようにすることです。