バイナリーオプションから世界を見つめる

 バイナリーオプションは、様々な物の価値を銘柄とし「ある物価値が、一定の期間の後に、予め定めていた条件を満たすか、満たさないか」という事を取引きルールにして投資取引を行っている金融商品になります。

この物の種類は取扱業者によっていろいろな物があり、一番取り扱いがおおい世界各国の通貨をはじめ、金や鉱石、原油、農作物、有名企業の株から株価指数まで、さま座生ものを取り扱っています。
こうした物の価値は、それの売り手と買い手の相互間の取り決めによって定められており、それになっているのがいわゆる市場であり、その変動を相場レートと呼んでいるのです。

そうして、この相場レートの値動きを読んでいくことが、バイナリーオプションで利益を上げていく秘訣になるのですが、こうした物の値動きのヒントは、実はあちこちに落ちているのです。

例えば、バイナリーオプションでも銘柄になっている原油を見てみましょう。
原油からは様々な燃料や素材、製品がつくられますが、その中の一つにガソリンがあります。
原油銘柄のバイナリーオプションをしていた場合、夜のニュースなどで「ガソリンスタンドに長蛇の列、原因はガソリンの値上げ」と言うようなトピックスが取り上げられたら、耳をそばだてておく必要があります。

ガソリンが値上がりされる要因は大きく二つあり、一つはガソリンに掛けられている税率の上昇と、もう一つは、その原料である原油価格の高騰にあります。
ガソリンには三種類の税金が掛けられておりこれが価格の4割強を占めています。ですので、税率が引き上げられることでガソリンの価格が上がるのです。
しかしもし、この税率に変更がなかったとなると、その原料である原油の価格が高騰しているという事になります。

原油の価格は、これらを多く産出している中東諸国の地域治安などの影響や、インドや中国などの新興国の経済の発展に伴う原油消費量の圧倒的上昇などにより、原油の需要と供給が変化するために、その価格も大きく変動するのです。
また、株や通貨などその他の相場に不安要素が強く出た場合、そこに運用していた資金の回避先として原油が買われ、結果として高騰することもあるのです。

こうした日常のニュースなどにも、バイナリーオプションを有利に取引きできるヒントが落ちており、こうした情報などから包括的に世界を捉えて、相場の変化を分析し予測していく手法を「ファンダメンタル分析」と呼んでいます。