バイナリーオプションの魅力について

byyyd 【バイナリーオプションとは】

まず、バイナリーオプションをやった事のない人の為に、どの様な物か簡単にご紹介させて頂きます。

バイナリーオプションは、初心者でも簡単に始められる外国通貨取引の一種です。投資の商品として、人気の高い物でその理由は、実際に初めての方でも、非常 に簡単に手軽に出来る商品で有るからです。簡単な例を以下に示します。例えば、現在の相場が1ドル100円だとします。10分後の相場が、100円より上がるか、下がるかを当てるのが、バイオナリーオプションです。

もちろん実際には、その他の知識も必要になって来ますが、根本的にはこのような仕組みです。株やFXは、難しくてよく解からないという方にでも、相場が上がるか下がるかの予想だけですので、バイナリー取引は気軽に始められると思います。

【バイナリーオプションを始める為の前知識】

では、株等の経験が無い方に、前知識を記述します。例えば、1ドル=100円という値段の事を相場と言います。この相場は常に変動していて、相場の変動を当てるのがバイナリーオプションです。

現時点と比べて円が下がれば円高、上がれば円安と言う事です。つまり、1ドル=100円を基準にすると1ドル=90円になった →円高1ドル=110円になった→円安 という事です。この2択のみで、取引きが出来る、という事です。

【お勧め人気業者】

では、実際に、バイナリーオプションを始める方へ人気いの高いお勧め業社をご紹介いたします。BOBOX:これは、御三家の一つで、このブログでは、BOBOXの画面を使って解説しますので、馴染み安いと思います。

24OPTION:海外サービスでは一番有名です。1回の購入が2400円からなのでやや中級者向けかもしれません。システム自体は、初心者でも簡単に扱えます。バイオナリーオプションに慣れてきたら是非お勧めの物です。ガッツリ稼ぎたい方には良いでしょう。

バイオプ:これはかなり人気の高いもので、その特徴は、バイオナリーオプションだけのサービスなので、とても簡単です。規制前の単純なHIGH&LOWが出来ます。

又、メールアドレスのみですぐに取引き開始が出来ます。しかも、出金もすぐに出来ます。これだけの条件が全てそろっていますので、根強い人気が有ります。上記のご紹介した商品は、全て無料講座を開設しておりますので、気軽に講座の利用をお勧めします。

デイトレード

投資には、時間軸という概念があります。簡単に言えば、いつ頃に売却などを行うかという考え方です。

例えばドルを購入する投資などは、よく行われています。最近よく話題になっているFXなども、その1つに該当するのです。

ところで一旦ドルを購入した後には、どこかのタイミングで売却する事になります。保有し続ける訳ではありません。いわゆる売り決済と表現される事も多いです。
それで決済を行うまでの時間的長さは、色々な考え方があるのです。ドルを購入した日の内に、全てを決済するというやり方もあれば、1ヶ月後などでも問題無いという考え方もあります。そうかと思えば数分後に決済するという方式など、それこそ非常に多彩です。こういった時間に関する考え方が、いわゆる時間軸です。

それでデイトレードという方式は、基本的には購入した日の内に全て決済するやり方になります。たとえ損失が発生していたとしても、全てその日の内に売却するのです。
例えば3月14日に、ドルを購入したとします。いずれそれは決済する事になるのですが、デイトレードという方式の場合は、必ず3月14日中に全て売却する事になります。たとえ損失になっていても、必ず売却を行うのです。

この方法のメリットですが、それなりに損失を限定できる事もある点です。そもそも数日ほど経過すると、ドルがさらに下落する可能性はあるでしょう。1日経過して1円ほど下がる事はよくありますが、3日も経過すれば3円や5円ほど下落する事も多々あるのです。
ところがデイトレードで当日中に決済をした時には、1円程度の損失に抑えられる事になります。3円と1円の損失は、もちろん後者の方が望ましい訳です。

それで投資を行う時には、やはり損失を限定する事はとても大切です。あまりにも損失の割合が大きくなると、それこそハイリスクハイリターンの取引になってしまいます。短期間で決済を行う都合上、リスクの部分を比較的小さく抑えられる点は、デイトレードのメリットなのです。
ちなみにこのデイトレードという方式は、実は金融会社でも幅広く採用されています。金融関係の投資部門などでも、積極的に売買は行われているのですが、そこでも基本的にはデイトレードのスタイルになるのです。
いずれにしてもリスクを限定できる点は、それなりにメリットが大きいという考え方も目立ちます。あまり損失率を拡大したくない時には、デイトレによる売買を検討してみるのも一法でしょう。